公園・親水公園
訪問件数 今  月:158,418件
今年度:900,909件
累  計:3,729,544件


お問い合わせ先等は携帯電話でもご覧いただけます。
QRコード

行船公園花だより

行船公園 門松飾り

2013年12月25日

源心庵入り口に門松飾りが設置されました!

 

 

お正月は本来、神様が地上に降りてくる日です。

もともとは、新年の神様を招くという風習から門松は飾られ、神様が地上に降りてくる際の目印であると考えられていました。

 

 

門松は1月7日まで飾られます。

行船公園 サザンカ

2013年12月17日

今年も残りわずか、12月も半ばとなりました。

この季節に咲く花は少ないですが、平成庭園ではサザンカの花を楽しむことができます。

 

童謡「たきび」の歌詞で馴染みの深いサザンカですが、その名前は「山茶花」(さんざか)が音転換し現在の名前が定着したといわれています。

サザンカとよく似た花にツバキがあります。

見た目はとてもよく似ていますが、花の咲く時期、葉の形、花の散り方が異なります。

 

平成庭園のツバキはまだ蕾の状態です。

ツバキの開花を確認次第、それぞれの見分け方をご紹介します。

 

 

行船公園 センリョウ マンリョウ

2013年12月12日

源心庵前庭のセンリョウ、マンリョウの実が赤く色づき始めました。

 

 

【センリョウ】

 

 

【マンリョウ】

 

どちらもお正月の縁起物として使われることで知られています。

赤い実を付けるという点も、名前も似ていますが、

センリョウはセンリョウ科、マンリョウはヤブコウジ科と全くの別物です。

 

平成庭園の雪吊りも完成し、このような姿になっています。

 

 

 

行船公園 雪吊りが始まりました

2013年11月29日

今年も行船公園内の雪吊り作業が始まりました。

 

源心庵の前庭の雪吊りの様子です。

 

兼六園の雪吊りが有名ですが、雪の降らない東京では美観目的で雪吊りを行います。

 

源心庵入り口側と主池側の松に雪吊りが行われます。

 

行船公園 紅葉の様子

2013年11月27日

行船公園内、現在の紅葉の様子です。

 

【モミジ並木】

 

【源心庵 前庭】

 

【平成庭園】

 

朝晩の冷え込みも厳しくなり、行船公園も秋が深まってきました。

平日の今日も紅葉を楽しむ人が多く訪れていました。

 

 

行船公園 ツワブキ

2013年10月21日

行船公園平成庭園内にてツワブキが咲き始めました。

ツワブキの葉はフキとよく似て厚く、艶があることからその名が付きました。

民間療法として、火傷や打撲などの腫れ物の治療にも用いられます。

 

平成庭園内の園路脇や水辺のあちらこちらで見ることができます。 

 

行船公園 十月桜とホトトギス

2013年10月18日

行船公園平成庭園にて十月桜とホトトギスが咲き始めました。

 

わかるでしょうか.?

ちらほらと薄ピンク色の花が咲いています。

十月桜はコヒガンサクラの園芸品種で、4月上旬と10月に開花します。

春の方が花が大きく、年に2回花を楽しむことができます。

 

十月桜の真向いにはホトトギスも咲き始めました。

 

ホトトギスはアジアに約20種が分布している多年草で、日本には10種が自生しています。

花が上向きにつくホトトギス形と下向きで釣鐘状につくジョウロホトトギス形があり、花の色も赤紫・赤・ピンク・黄・オレンジ・白など様々な色が品種が存在します。

行船公園 キンモクセイ

2013年10月07日

行船公園内にてキンモクセイが見頃を迎えています。

 

こちらは行船公園サービスセンター横、動物園入り口のキンモクセイです。

窓を開けているとキンモクセイのいい香りが漂ってきました。

 

キンモクセイは雄木と雌木のある雌雄異株の樹木です。江戸時代に中国から渡来したとされていますが、その際に雄木のみが入ってきたために実を付けることはありません。

そのため金木犀の繁殖は挿し木によって行われます。

ほとんどの株がクローンというわけですね。

 

 

行船公園 秋の訪れ

2013年09月30日

行船公園内平成庭園ではススキが見頃を迎え、秋風に穂を揺らしています。

これから徐々に穂が白くなっていきます。

つい先日まで元気に花を咲かせていた夏の花はいつの間にか姿を消し、平成庭園もすっかり秋めいてきました。

 

 

源心庵の鉢植えも秋仕様に様変わりし、栗とザクロの木が皆様をお迎えします。

   

             栗                       ザクロ

 

 

動物園の入り口横のキンモクセイも花を付け始めました。

あと一週間もするとキンモクセイのいい香りが漂ってくるでしょう。

 

行船公園 彼岸花

2013年09月18日

平成庭園にて彼岸花が咲き始めました。

 

 

その名の通り、彼岸の頃に花を咲かせることが名前の由来といわれています。

 

 

多くが赤い花ですが、稀に白い花もみられます。

 

 

 

行船公園 白萩

2013年09月14日

平成庭園にて白萩が咲き始めました。

 

7月からピンク色の萩の花は咲いていましたが、白色の花も咲き始めました。

萩は「生え芽」といって若芽が元気に伸びる様子から付けられた名前です。

 

まだ、ピンク色の萩の花も咲いているので是非見比べてみてください。

 

行船公園 サンゴジュ

2013年08月18日

行船公園内のサンゴジュに実が生り始めました。

 

6月に白い花を咲かせ、夏の終わり頃から秋にかけて赤い実を枝いっぱいに実らせます。

その姿を珊瑚に見立て、珊瑚樹という和名が付けられました。

厚く水分の多い葉や枝が火災の延焼防止に役立つともいわれ、防火樹として庭木や生垣によく用いられます。

 

 

 

行船公園 ノカンゾウ

2013年08月14日

行船公園平成庭園の前庭にてノカンゾウが開花しました。

 

ノカンゾウはユリ科の一日花で、次々に花を咲かせていきます。

古名を「忘れな草」といい、和歌では夏の季語として使われ悲しいことや忘れたいことがあったときの心境を表す言葉として詠まれます。

 

 

 

 

 

行船公園 ノシラン

2013年08月09日

行船公園内平成庭園にてノシランが咲き始めました

 

 

ノシランは名前にランと入っていますが、ユリ科に属する多年草です。

葉が祝儀袋などに付けられた熨斗に似ているところからその名が付いたといわれています。

 

秋から冬にかけて実がなり、緑→青→紺とその色を変化させていきます。

行船公園 ミソハギ

2013年07月31日

  

行船公園内水生池にてミソハギが咲き始めました。

ミソハギは湿地や田んぼの畔、湖の近くのような湿った場所を好み、盆花として使われます。

  

ミソハギという名前は花がハギに似ていることと、お盆のころになると咲くミソハギの花に水を含ませて供物に水を掛ける風習があり、それが禊の儀式を連想することから「ハギ」+「ミソギ」からミソハギになったという説と、溝に生えるハギに似た植物から「溝」+「ハギ」から来たという説があります。


ミソハギを供物に水を掛ける際に使ったのは、ミソハギが喉の渇きをいやす効果があるとされたので、死者の喉の渇きをいやすためとも言われます。

 

 

 

サルスベリも咲き揃ってきました。

 

 

 

 

行船公園 キョウチクトウ

2013年07月21日

行船公園にてキョウチクトウが咲いています。

 

 

私の中で夏の花といえばキョウチクトウ!というイメージがありました。

行船公園にはないのかなぁ?と暑くなり始めてから気にしていたのですが、昨日の帰り道見つけました!

 

キョウチクトウ(夾竹桃)という和名は葉が竹に似ており、花が桃に似ていることからその名が付きました。

花期は長く、7月以降から秋まで開花します。

 

行船公園に咲いているのは、こちらのピンク色の八重咲きの花ですが、白色や黄色、赤色の品種もあります。

 

行船公園 サルスベリ

2013年07月19日

行船公園平成庭園のサルスベリが咲き始めました。

  

蕾も多くまだ満開にはなっていませんが、これからどんどん花を咲かせていくと思います。

サルスベリの花期は長く、7月から10月頃まで連続して開花します。

幹肌がつるつるしており、木登りがうまい猿でさえも滑るという意味からその名が付けられました。

 

 

 

この写真を撮った後に、源心庵へ寄ると矮性のサルスベリの鉢植えと朝顔が入り口に置かれていました。

 

サルスベリ                       朝顔

 

 

 

  

行船公園 ハギ

2013年07月15日

行船公園平成庭園内にてハギの花が咲き始めました。

 

 

ハギは秋の七草の一つで、古くから日本人に親しまれ万葉集でも多く詠まれています。

 

 

 

同じ秋の七草ということで桔梗の花の写真を一枚。

 

こちらは鉢植えで、行船公園サービスセンターのカウンターで皆様をお待ちしていますよ。

 

 

 

行船公園 オニユリ

2013年07月15日

 

行船公園にてオニユリが咲き始めました。

 

通勤途中、「ノカンゾウかな?」とよく見てみるとなんだか違う…。

ノカンゾウよりも花の色が濃いオレンジ色をしており、花に斑点があります。

 

また、クルマユリという絶滅危惧種にも指定されるユリとよく似ていますが、オニユリにはこのようなムカゴが付きます。



華やかな花なので目を引きますね。



 

行船公園 マンリョウ

2013年07月15日

源心庵のお庭のマンリョウに花が咲き始めました。

 

近づいてよく見ないとわからないほど小さな花ですが、その姿がとても愛らしいです。

マンリョウというと、冬に付ける赤い実が印象的ですが夏の時期にこんなにかわいい花が咲くのですね。

ぜひご覧ください。

行船公園 ヤマユリ

2013年07月10日

行船公園平成庭園内にてヤマユリが咲き始めました。

 

ヤマユリは日本特産のユリで、発芽から花を咲かせるまでに5年以上かかります。

また、株が古いほど多くの花を付け、花の大きさは直径20センチ以上。ユリ科の中でも最大級の大きさです。

豪華で華麗な姿から「ユリの王様」と呼ばれるほどです。

 

この株には今日現在2輪の花が咲いていました。

上部に蕾も付いていたのでこれからの新たに花を咲かせてくれるでしょう。

あまりの花の大きさに株が傾き始めていました。

 

 

暑さに負けず咲く花をみなさんもぜひ見に来てください。

 

 

行船公園 クチナシ

2013年07月05日

行船公園にてクチナシの花が咲き始めました。

クチナシには一重咲きと八重咲きがあります。

こちらは八重咲きですが、一重咲きと比べて花が大きく咲く時期も若干遅く今が見頃です。

 

公園などには八重咲きのものが多く植栽されています。

一重咲きも探して比べてみると面白いかもしれませんね。

 

 

行船公園 ハス

2013年07月03日

 

 

行船公園内水生池にてハスの花が咲き始めました。

 

ハスは古名を「はちす」といい、花托(かたく)の形状が蜂の巣によく似ていることからそう呼ばれていたというのが通説です。

 

水生池には現在、ハスの花とよく似た睡蓮の花も咲いています。

この二種類は同じ抽水植物ですが、比べてみると異なることがわかります。

 

 

特にその葉には違いが顕著に見られます。

睡蓮の葉には切れ込みがありますが、ハスの葉にはありません。

 

 

睡蓮                           ハス

 

 

 

 

睡蓮とハスの二種類を楽しめるのは、例年だと9月上旬頃までです。

是非ご覧ください。

 

行船公園 ヒメヒオウギスイセン

2013年06月28日

  

 

行船公園平成庭園内にてヒメヒオウギスイセンが開花しました。

 

 

ヒメヒオウギスイセンは明治時代の中期に人の手によって改良され、園芸品種として渡来しました。

現在は野生化し、水辺などに自生するようになりました。

 

この花を乾燥させて湯につけるとサフランの香りがすることから、「サフランの香り」という意味の「クロコスミア」が学名に付けられています。

 

 

行船公園 ギボウシ

2013年06月24日

  

行船公園平成庭園内にてギボウシが咲き始めました。

 

 

花の命は短く、わずか1日でしぼんでしまうことから「デイリリー」という英名を持ちます。

 

 

ギボウシは花を楽しむ以外にもリーフプランツとしての役割が多くあります。

様々な形や色をした品種があり花だけではなく葉を楽しむことができます。

 

  斑入りの葉

 

行船公園 ヤマモモの実

2013年06月22日

 

行船公園内のヤマモモに実が付き始めました。

ヤマモモは3月から4月にかけて花を咲かせ、実を6月中旬から7月初旬に付けます。

 

実は甘酸っぱく食べることができます。

 

行船公園 ガマ

2013年06月21日

 

 

行船公園内水生池のガマの花穂です。

茶色の部分が雌花、その上部の細い部分が雄花です。

ガマは風によって受粉を行う風媒花のため、昆虫の助けを借りる必要がなく花は極めて地味です。

ですが、この地味さが上品ですね。

 

 

現在水生池には睡蓮の花が咲いていますが、一株だけあるハスも蕾を付けています。

もうしばらくするとハスも愛らしい花を咲かせてくれそうです。

行船公園 マガモの成長!

2013年06月18日

 

5月17日にご紹介したマガモの雛の現在の様子です。

わずか一か月程度でここまで成長しました。

 

 

行船公園 ナツツバキ

2013年06月18日

 

行船公園平成庭園内にてナツツバキが開花しました。

ナツツバキは、朝開花しその日の夕方には花を落とす一日花で、その年伸びた枝の先に5㎝程度の白く愛らしい花を咲かせます。

 

 

 

 

平成庭園内は現在、アジサイ・花菖蒲・キンシバイ・ナツツバキなどたくさんのお花が咲いてます。

 

行船公園 花菖蒲2

2013年06月05日

 

6月5日現在の行船公園内平成庭園の菖蒲田の開花状況です。

7割程度の花菖蒲が開花しています。

 

だんだんとアジサイの花も色付き始め、平成庭園内は初夏の花が見頃を迎えようとしています。

 

梅雨の晴れ間を利用し、ぜひご来園ください。

 

 

カルガモ親子

2013年05月29日

 

5月17日にマガモの雛が孵りましたとご紹介しましたが

数日後、カルガモの雛も孵りました。

 

マガモとカルガモは大きさも産卵期もほぼ同じです。

見分け方として、カルガモはクチバシの先が黄色く、目の上を通る黒い線もマガモより濃いです。

 

行船公園 アジサイ

2013年05月29日

行船公園平成庭園内にてアジサイが開花しました。

 

セイヨウアジサイ                    カシワバアジサイ

 

この2種類のほかに平成庭園内にはガクアジサイも植えられています。

ガクアジサイはまだ開花していませんが、3種類とも例年だと見頃は6月の中旬です。

 

アジサイの一般的に花と呼ばれる部分は装飾花で、花弁に見える部分は実は萼(がく)です。

また、その色は生育土壌の酸、アルカリ性によって変化します。

酸性が強いと藍紫色、アルカリ性が強いと紅色を増します。

 

現在、5割程度の開花です。

見頃になり次第こちらでご紹介していきます。

 

セイヨウアジサイ

 

 

行船公園 キンシバイとセイヨウキンシバイ

2013年05月28日

行船公園内にてキンシバイとセイヨウキンシバイが開花しました。

 

この2種類は名前こそ似ていますが、花の大きさが異なります。

園芸品種であるセイヨウキンシバイの方が明らかに大きく、花の色も濃い黄色です。

 

 

キンシバイ

 

セイヨウキンシバイ

 

是非比べてみてください。

 

行船公園 花菖蒲

2013年05月28日

 

行船公園内平成庭園の菖蒲田で花菖蒲が次々と開花しています。

まだまだ疎らで蕾のものがほとんどですが、現在はこのような状況です。

 

マガモ親子

2013年05月17日

 

マガモの雛が孵りました!

平成庭園、主池にて11匹の雛が親について泳ぎ回る姿が見られます。

源心庵の周りがお気に入りなようです。

 

 

皆様もマガモの雛の愛らしい姿を探してみてください。

 

行船公園 シャクヤク

2013年05月17日

 

 

平成庭園内にて、シャクヤクが見頃を迎えています。

白とピンクの艶やかな花が満開です。

 

同じ属の仲間にボタンがあります。

二つは似た花を咲かせますが

ボタンが「木」に分類されるのに対して、シャクヤクは「草」に分類されます。

 

平成庭園内にどちらも植えられていますので、ぜひ見比べてみてください。

行船公園 睡蓮

2013年05月12日

 

行船公園内、水生池にて睡蓮の花が咲いています。

 

 

睡蓮は、開いて閉じてを3回繰り返します。

これを人間のサイクルに例え、日中は開く=目覚める、夜は閉じる=眠るというところから

「睡眠する蓮」→「睡蓮」が名前の由来と言われています。

 

睡蓮とよく似たハスという植物も水生池には植えられています。

睡蓮とハスはよく似ていますが花や葉に違いがあります。

ハスが開花した後、こちらでご紹介していきます。

 

行船公園 ツツジ

2013年05月02日

 

平成庭園内、つつじ亭前のツツジが見頃を迎えています。

 

 

 

松の陰で一休みしていたカルガモもツツジを見にきたようですね。

GW中、是非皆様もツツジを見に行船公園へおいでください。

 

 

行船公園 シャリンバイ

2013年05月02日

 

 

平成庭園内にて、シャリンバイが咲き始めました。

梅に似た白く愛らしい花を咲かせ、枝葉が車輪のように出ることからその名が付きました。

 

行船公園 アヤメとツツジ

2013年04月26日

 

  

平成庭園内にてアヤメが咲き始めました。

 

合わせてツツジもまばらではありますが、見頃を迎えようとしています。

例年、ツツジの見頃はGW中頃で今年も同様になると思います。

随時ご紹介していきます。

 

 

行船公園 黄菖蒲

2013年04月26日

 

 

水生池にて黄菖蒲が咲いています。

黄菖蒲はアヤメ科の仲間で、明治時代に日本に入ってきました。

見た目はアヤメや菖蒲、カキツバタと似ていますが、花の色が鮮やかな黄色をしているため明らかに異なる種類だとわかりますね。

行船公園 タケノコ2

2013年04月19日

 

10日前に発見したタケノコがこんなに大きくなりました。

 

タケノコの生長は早いですね。

 

 

 

行船公園 ヤマブキ・サンザシ

2013年04月18日

ソメイヨシノや八重桜などの桜は散り、春のお花も終わりのような気がしますが

桜以外のお花も行船公園内で見頃を迎えます。

 

 ヤマブキ

 

 

 

八重咲きのヤマブキです。

 

一重のものが基本種ですが、園芸品種の八重ヤマブキも見ごたえがあります。

 

サンザシ

  

 

昨年、植栽されたばかりの紅花サンザシです。

 

サンザシというと白色の花を思い浮かべますが、紅色のサンザシも可愛らしくていいですね。

 


 

 

 

 

行船公園 ミツバツツジ

2013年04月14日

平成庭園内のミツバツツジです。

 

つつじ亭前のサツキツツジの見頃はまだ先になりそうですが、こちらは見頃を迎えています。

行船公園 ボタン

2013年04月14日

 

 平成庭園内でボタンが一輪開花しました。

 

  

 

 蕾を付けている花ももうしばらくしたら、咲き始めそうです。

 

 

 

行船公園 シャクナゲ

2013年04月09日

 

行船公園内にシャクナゲが咲き始めました。

 

例年よりは少し早いですが、派手で特徴的な花を咲かせています。

 

 

 

シャクナゲの仲間であるツツジも少しずつ花を付け始めました。

見頃が楽しみですね。

行船公園 タケノコ

2013年04月09日

 

平成庭園内の竹林にてタケノコを発見!

 

桜の季節も終わろうとしていますが、春を感じますね。

 

 

 

 

行船公園 シャガ

2013年04月05日

 

平成庭園内でシャガが咲き始めました。

4月から5月にかけて、白っぽい紫色のアヤメのような花を咲かせます。

 

湿り気のある木陰でみかけることができます。

探してみてください。

 

 

行船公園 桜情報

2013年03月22日

平成庭園 枝垂れ桜 

枝垂れ桜

22日現在 満開、見頃を迎えています

 

 

ソメイヨシノ

桜広場 ソメイヨシノ 22日現在 

開花にばらつきがありますが、五分咲きです

 

行船公園 夜桜

2013年03月19日

 

平成庭園 枝垂れ桜

3月20日(水)より

夜9:00頃までライトアップされます

 

↓ 写真は今年のものではありません

ライトアップ

 

※芝養生中と保護のため芝生に立ち入ることはできません。

 

行船公園 桜

2013年03月16日

 

平成庭園 枝垂れ桜  3月19日現在 七分咲き

 枝垂れ桜

16日に開花した枝垂れ桜ですが

あっという間に見頃を迎えました

 

 

 

ソメイヨシノ

桜広場 ソメイヨシノ

 

3月19日現在

2分咲き

 

ソメイヨシノ

18日に

開花いたしました

 

 

 

行船公園 トサミズキ・ヒュウガミズキ

2013年03月13日

トサミズキ

↑ トサミズキ(土佐水木)

 

違いわかりますか?

 

↓ ヒュウガミズキ(日向水木)

ヒュウガミズキ

行船公園 ボケ・ダンコウバイ

2013年03月08日

行船公園 ボケ

ボケ

公園内にひっそりと咲いています

ぜひ探してみて下さい

 

 

平成庭園 ダンコウバイ

ダンコウバイ ダンコウバイ

満開です

しだれ梅・思いのままは、はらりと散り始めましたが

ウグイスの声も聞こえてきて

まだまだ楽しめます

 

行船公園 フキノトウ                  アセビ(ピンク)

フキノトウ

馬酔木

 

白い花が咲きました

 

 

行船公園 ヒイラギナンテン

2013年03月05日

ヒイラギナンテン

行船公園 ヒイラギナンテン

小さい黄色い花がたくさん咲きます

葉っぱはヒイラギに似てトゲトゲがあり、花が終わると実をつけます

 

思いのまま

平成庭園 思いのままは満開

 

豊後梅

行船公園 豊後梅も咲き始めました

 

行船公園 アセビ

2013年02月21日

アセビ

 

平成庭園内  馬酔木(アセビ)

馬が食べると酔ったような状態になり

動けなくなることから 「馬酔木」 と漢字がつきました

つぼ状のかわいい花がたくさん咲きます

 

 

こちらは公園内 「枝垂れ梅」 

しだれ梅

 

昨日今日と天気も良く

あっという間に 見頃を迎えそうです

 

 

行船公園 ネコヤナギ

2013年02月13日

ネコヤナギ

 

きらきらと光るものを発見!

”ネコヤナギ”

目立った花びらはありませんが

春を告げる花としてなじみ深い樹木です

 

行船公園 梅

2013年02月11日

 

しだれ梅

 

行船公園内 

春ですね~ ”枝垂れ梅” の花が咲きはじめました。

なんとも華やかな雰囲気の花です。

 

 

思いのまま

思いのまま2

 

平成庭園内 

1本の木に紅と白の花をつける”思いのまま”です

こちらも白い花が咲きはじめました

 

源心庵改修工事のお知らせ

2013年02月01日

 

  下記の日程で水屋の改修工事を行います。

  工事期間中はお茶会のご利用が出来なくなります。

  ご理解とご協力をよろしくお願いします。

 

               記

 

工事日程  平成25年8月1日(木)から8月7日(水)の7日間

 

   ※ なお、お茶会以外のご利用についてはご相談ください。

 

 

行船公園 フキノトウ

2013年01月16日

ふき

 

平成庭園内です

雪がとけはじめて フキノトウが顔を出しました

春が待ち遠しいです

行船公園 雪・梅

2013年01月15日

雪

 

1月14日に降った雪で

平成庭園内も雪景色となりました

 

行船公園内の梅も つぼみがふくらんできています

 

 

↓ 源心庵内 入口はいってすぐ    梅

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

梅の盆栽は満開となりました 

とても素敵です

行船公園 梅(つぼみ)

2013年01月09日

 

梅つぼみ

 

行船公園内 梅のつぼみ (現在の様子です)      

少しふくらんできました

 

↓ 平成庭園内 「思いのまま」

思いのまま

 

 

 

ツワブキ種

 

平成庭園内でたくさん咲いていたツワブキの花が終わって

ふわふわの種になりました

またきれいな花が咲きますように

 

サザンカ

 

サザンカの花もまだまだ見頃です

 

シャクナゲ

 

こちらは つつじ科「シャクナゲ」のつぼみです

今から、花を咲かせる春を待っています

 

年ごとの行船公園花だより

  1. 2017年
  2. 2016年
  3. 2015年
  4. 2014年
  5. 2013年
  6. 2012年
  7. 2011年