江戸川区自然動物園

飼育日記

落ち葉に大喜びのリスたち

2013年12月05日

行船公園内の落ち葉を集めてハイイロリスの展示場に敷いてみました。

 

リスたちの反応はというと・・・とっても大喜び。リスと落ち葉

 

落ち葉の中にあるドングリを一生懸命探したり、小枝をくわえてみたり。

リスとどんぐり

 

小枝をくわえるリス

 

カサカサという音にびっくりしている姿も見られ、今まで以上にリスの動きが活発に‼

赤色や黄色も加わって展示場も明るくなりました。

 

みなさんもぜひそんなリスたちの面白い仕草を見に来てください。

 

 

リスザル赤ちゃん生まれました

2013年11月01日

8月から10月にかけて生まれたリスザルの赤ちゃんが、かわいい姿を見せてくれています。

リスザルの赤ちゃん

赤ちゃんは全部で4頭生まれました。

1頭のお母さんに1頭の赤ちゃんなので、4組の親子を見ることができます。

 

リスザルの赤ちゃんは、お母さんの背中の上にしがみついていて、時折おなか側にまわっておっぱいを飲みます。

8月に生まれた赤ちゃんは、もうだいぶ大きくなり、母親の背中から離れて一人で動き回るすがたも見ることができますよ!

 

→動物紹介「コモンリスザル」

リスザルの赤ちゃん2

 

ケナガクモザル赤ちゃん誕生!

2013年08月30日

 8月12日にケナガクモザルに赤ちゃんが生まれました!

生まれてすぐは体が小さく、弱々しく見えました。

母親の“アラレ”も落ち着かない様子で展示場の中を動き回っていたので、赤ちゃんが落ちやしないかと不安でした。

そんなまわりの心配もよそに、赤ちゃんは母親にしっかりとしがみついていて、2週間たった今では少ししっかりしてきたようです。

ケナガクモザルの赤ちゃん

 

ケナガクモザルの赤ちゃん2

 これからの成長が楽しみです!

 

 こちらは昨年生まれた“ゴエモン”です。

 「ゴエモン」

 “ゴエモン”も母親の背中から離れて駆け回るようになりました!

まわりの大人のクモザルや、年上のクモザルたちに遊んでもらっているやんちゃな姿は、見ていて飽きません。

ケナガクモザル展示場はこれからいっそうにぎやかになりますね!

ふれあいコーナー ウズラが仲間入り!

2013年08月07日

スーパーで見かける卵、白い卵のお母さんはニワトリですが、

小さくてまだら模様の卵のお母さんがこのウズラです!

 

ニワトリのような立派なトサカも「コケコッコ~」と鳴くこともなく、目立たない小さな鳥なので

実物を見たことのある方は少ないかもしれません。

でも、小さくておいしいウズラの卵にはお世話になっているはず!

 

ふれあいコーナーに来た際にはぜひ見てみてくださいね!

ウズラ

臆病なのでさわれませんが、近くで見られますよ♪

見に来てね!運が良ければ産んだ卵も見られるかも!?

オウギバト巣立ちました。

2013年07月11日

7月2日にオウギバトのヒナが巣立ちました。

頭には小さいながらもいっちょ前の“オウギ”が!

7月10日の時点で普通のドバトと同じくらいの大きさです。

成長が早いので、かわいい姿はお早めに!

オウギバトの親子

フンボルトペンギン換羽中

2013年07月10日

フンボルトペンギン展示場ではペンギンたちが換羽中です。

換羽中は全身が白っぽく見えることがあるので、お客様の中にはヒナがいると思われる方もいらっしゃるようですが、みな立派な大人のペンギンです。

換羽は年に一回だけ、全身の羽根がおよそ10日~2週間ほどで抜け変わります。

換羽中1

換羽中2
↑6月13日   ↑7月10日

 現在換羽中の“きんとき”夫婦の様子はこんな感じ。

もうあと1週間ほどすると羽根のはえそろったきれいな姿になるはずです。

こんな姿が見られるのも、一年のうちに今だけ!

見てみる価値があるかもしれませんね!

羽づくろいに夢中

ほかのペンギンたちも羽づくろいに夢中の様子です。

行船公園のヘビ(野生です)

2013年07月07日

梅雨もそこそこに急に夏本番となりましたね!

陽気の中、は虫類たちは元気に動き回っているようです。

 

先日は野生のアオダイショウに出会いました。

しかも、その場所はアオダイショウ展示場前!

お客様に「ヘビが逃げています」と言われ確認をしにいったところ…

野生のアオダイショウが“アオダイショウの展示場”に入ろうと(?)金網に張り付いていました。

確かに逃げているように見えますね…実際は逆でしたが。

アオダイショウ1 アオダイショウ
お客様も野生のヘビと聞いてびっくりです。 少しの間ヘビ君にお付き合いいただきました。

 

アオダイショウ3

飼育係によって捕獲されたヘビは、その後行船公園内に帰っていきました。

 

アオダイショウ4 アオダイショウ5
見つけても、そっとしておいてくださいね。 バイバ~イ!

 

オウギバトのヒナ誕生!

2013年06月27日

平成25年5月6日にオウギバトの産卵を確認しました。

オウギバトは1回に1個だけ卵を産み、大切に温めます。

6月5日には無事に孵化しました。下の写真は3週間が経ったころのヒナの姿です。

オウギバトの親子

親子3羽で良い写真が撮れました。手前の親鳥がメス、後ろにいるのがオスです。

 

ヒナは日々すくすくと成長中で、早ければ7月上旬、または中旬には巣立つのではないでしょうか。可愛い姿を見られるのは今のうちですね。

オウギバトのヒナ

このオウギバトのペアが育てたヒナは今年で3羽目になります。

昨年、一昨年に巣立ったヒナは立派に育って、現在「シロビタイムジオウム」の隣の

展示場にお引越ししています。

こちらも見てみてくださいね!

オウギバト(「動物達の紹介」)

仔ヤギの“ミルキー”ふれあいコーナーに仲間入り!!

2013年05月16日

ミルキー

5月5日(こどもの日)から仔ヤギの“ミルキー”が仲間入りしました!

グリーン牧場からやってきたミルキーは、今年の2月28日生まれで生後3か月の仔ヤギです。

小さくて、とてもかわいいですよ!!

ちびっこでまだ自己主張ができないせいか、まわりにいる先輩ヤギのフィオやチョコに認めてもらえるには少し時間がかかりそうです。

ですので、皆さんとのふれあいはもうちょっとお待ちください。

団体コーナーでご覧いただけると思いますので、探してみてくださいね!

 

 

えさ箱に入るのがお気に入り!

ミルキー2

 

もっと近くで見てみてね。

2013年02月23日

ホウシャガメの展示場が見やすくなりました。

以前のホウシャガメの展示場

以前の展示場は

手前に柵がありましたが…

           ⇩

柵を取り

すっきり見やすくなりましたよ!

ホウシャガメの展示場

 

ホウシャガメ

近くでよ~~く観察してみてね!

  ホウシャガメ

 

雪の動物園

2013年01月16日

雪がたくさん降った日の翌日は、

動物たちはいろんな反応を見せてくれました。

雪かき中!雪かき中!(ヒト)

 

それな~に? どれどれ?
それな~に? 気になる(ジェフロイクモザル)

そ~っと、ふれてみる

(ジェフロイクモザル)

おそるおそる…
ケナガクモザル

ちょっと、なめてみる

(ケナガクモザル)

ワラビー1 ワラビー2

走ってみる

見慣れない雪景色にびっくり!?

 (ベネットワラビー)
いただきます!

たべてみる。

 (オタリア)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雪かきおっしま~い
 

集めた雪が山になりました!

園内の足元はバッチリです。いつでも遊びにきてください♪

かまくら