江戸川区自然動物園

飼育日記

動物園にオオコノハズクが来た

2015年12月05日

11月22日、「マンションの入口に小さなフクロウがいて、動けないみたいなので持って行っていいですか?」と電話がありました。小さなフクロウ・・・?ダンボールに入ってきたのはオオコノハズクという小型のフクロウでした。

動物園に来た初日は、ずっと目を閉じてじっとしていました。

エサは、ウズラの肉を細かく切ったものをピンセットで強制的に与えました。その後2,3日は1日2回与えましたが、なかなか自分から食べようとしないので心配していました。保護されて5日後、やっとうずらの肉を自分から食べ始めました!それからはピンクマウスもメニューに加え、それも完食するほどに回復してきました。

オオコノハズク1 オオコノハズク2
   初めのころは、自分からは食べません
オオコノハズク3 オオコノハズク4
 薄暗くなってから放鳥しに行きました

最初は、じっと動かず・・・・ 

 

部屋の中で放したところ、問題なく飛べていたので野生に戻すことにしました。ちなみに、フクロウの仲間は飛ぶときには全く羽音がせず、着地もとても軽やかで、思わず見ていた職員で感嘆の声を上げてしまうほどでした。

保護されて12日後の12月3日に日没後、森の中に放しに行きました。最初は、ケージの扉を開けても周りをうかがってじっとしていましたが、職員が飛翔を促すと勢いよく外に飛び出しました。

そして、暗闇に紛れてすぐに姿は見えなくなりました。

これからは、厳しい自然の中でたくましく生きていってもらいたいと、担当した職員一同願っています!

 

オオコノハズク5

 

                元気になった、オオコノハズク!

 

 

 

 

 

 

 

西葛西小学校の巣箱交換

2015年11月22日

11月21日(土)西葛西小学校の生徒さんとご家族30名ほどが行船公園内の巣箱の掛け替えをしてくれました。昨年の同じ時期に取りつけた巣箱を取り外し、学校で作ってきた新しい巣箱に交換します。そして、1年間取りつけていた巣箱は中を観察すると、9個のうち2個は巣材がいて使った形跡があり子どもたちも大喜びでした。それでも、校庭の樹木に取りつけたものは100%小鳥たちが使っていたそうなので、来年はもう少し使ってくれるといいなぁと思っています。

西葛西小学校1  
 地図を見ながら、巣箱が取りつけてある木を探しに行きます  
西葛西小学校2」 西葛西小学校3

 昨年の巣箱を取り外します

新しく作った巣箱を取りつけます
 西葛西小学校4  西葛西小学校5
使われていた巣箱 たぶん、シジュウカラです オナガやドバトの羽も巣材に使っていました

アカマダラのニオイ?

2015年11月15日

こんにちは、爬虫類・水生コーナー担当のMです。

最近は、だいぶ寒くなってきましたね。

動物園のヘビたちも、冬眠のため姿が見えなくなってきました。そこで、ヘビが見られなくてもみなさんに楽しんでいただこうと「アカマダラのニオイ」を展示してみました。

アカマダラというヘビには毒はありませんが、敵に襲われると臭いニオイのする液体を出して身を守ります。そこで、今回はその液体のしみ込んだ脱脂綿を入れたペットボトルをアカマダラの水槽前においてみました。

ニオイの展示は初めてなので、どのくらいの間匂い続けるのかわかりません。興味のある方は、早めにかぎに来ることをオススメします!!

アカマダラののニオイ アカマダラのニオイ2
   

ペンギンたちはちょっと遅い衣替え

2015年08月16日

ペンギン換羽前

換羽後のペンギン 

  換羽し始めたペンギン  左2羽:換羽が終わったペンギン 

 

フンボルトペンギンは毎年6月下旬から全身の羽が生え代わる「換羽(かんう)」に入ります。

空を飛ぶ鳥たちは、全身の羽が抜けてしまうと飛べなくなってしまうので1枚ずつ生え代わりますが、ペンギンたちは短期間で全身の羽が新しくなります。換羽の少し前からエサを食べる量が増え体重を増やし、換羽の間の10日間~2週間はほとんどエサを食べず(絶食)陸地で羽づくろいなどをしています。

知らない方が見たら、この時期のペンギンはとてもみすぼらしく見えることでしょう。また皮膚病にでもなったの?と心配される方もいらっしゃるでしょう。でもご安心ください!今年も順次換羽が終わり、当園のペンギンも換羽が終わっていないのはあと2,3羽です。

 

また、写真でもわかるとおり換羽後のペンギンたちの美しいこと!換羽が終わり青光りしたきれいなペンギンを見れるのはこの時期だけです。ぜひ、この時期ならではのペンギンたちをよーーっく観察してみてくださいね。

あと少しで換羽終了
あとは、あごの下の羽が抜けたら換羽終了です!

 

 

リスの展示場前にヒマワリ登場

2015年07月15日

リスの展示場前にヒマワリ1 リス舎ヒマワリ2
   

 

このヒマワリは、昨年お客さまから「リスにどうぞ!」といただいたものの中から、少しおすそ分けさせてもらい春から水をやったり、話しかけたりして育てたものです。お客さまからの優しい気持ちで育ったヒマワリをぜひお楽しみください。

ちなみに、花が咲いた後に取れた種は、またリスたちにあげようと思っています。

 

いつも自然動物園のリスを可愛がってくださりありがとうございます。頭数は少なってきましたが、まだまだ元気いっぱいなリスたちにみなさん、会いに来てくださいね!

                                          ハイイロリス担当者より

 

リス舎ヒマワリ3
          早くたべたいな~

 

サプライズ「アオダイショウ」のふれあい

2015年07月04日

先週の日曜日、お客さまから「イグアナ舎の横にヘビがいるんだけど・・・」との声が。ちょうどよいので、そのアオダイショウを捕まえて、少しの時間「アオダイショウのふれあい」を行いました。

アオダイショウを間近で見てもらいながら、このヘビは動物園で飼育しているのではなく園内に生息している野生のアオダイショウであること、公園内にはエサとなる生き物もすんでおりアオダイショウがたくさん生きていけること、人間には危害を加えるようなことはないので見つけてもそっと見守ってほしい・・・などのおはなしをしながら、そっと触ってもらったり観察してもらったり・・・突然のふれあいタイムが始まり周囲にいた子どもたちは大喜びでした!

園内にいたアオダイショウ

アオダイショウのふれあい アオダイショウのふれあい
   

また子どもたちよりも大人の方が公園に野生のアオダイショウがいることに驚きを隠せず、「えーっ!」と声をあげる方も多かったです。

このアオダイショウは、20分ほどで園内に放しました。暖かい日には、また人目につくところまで出てきているかもしれませんよ!

 

 

 

フンボルトペンギンのおさんぽ

2015年05月21日

ペンギンと飼育係の都合で不定期ではありますが、「フンボルトペンギンのおさんぽ」でお客さまにより近くでペンギンを見てもらったり、さわってからだの部位によって羽の形や柔らかさの違いなどを観察してもらっています。
ペンギンのおさんぽ ペンギンのおさんぽ
   

 おさんぽに出られるペンギンは、現在はこの「ひじきちゃん」くらいです。ひじきは、人工育雛で育てられたため人の存在があまり気になりません。ですから、園内に出てお客さまの中をペタペタと平気で歩いていきます。さわられることも平気です。

ペンギンひじき

そのうち、寝そべってこんなふうにくつろいでしまうことも・・・でも、ひじきちゃんも羽の生え代わりの時期や、卵を抱いたりヒナを育てたりしている時期はおさんぽできません。また担当者の作業の合間を見ておさんぽするので、なかなか事前にみなさんにお知らせするのは難しいのです。園内でひじきちゃんのおさんぽに出会えたら「ラッキー!!」ですので、ぜひ近くで観察してみてください!

 

 

今年もプレーリードッグの赤ちゃんが出てきました!

2015年05月01日

今年も4月27日に1匹目が初めて巣穴から出てきたのを確認しました!

5月1日現在では、4匹が確認されています。お天気の良い午後であれば、かなりの確率で

見ることができます!GWは、可愛らしい写真をたくさん撮れるチャンスですよ!

ぜひ、プレーリードッグの赤ちゃんを見に来てくださいね!

プレーリードッグの赤ちゃん

 

プレーリードッグの赤ちゃん2 プレーリードッグの赤ちゃん3
   

 

フンボルトペンギンのヒナが巣から出てきました!

2015年02月17日

フンボルトペンギンのヒナが巣穴から出てきました!

 

 ふわふわな羽根のヒナが見られることを期待していたのですが…

すっかり立派になっていて、すいすい大人顔負けの泳ぎをみせてくれました。

 

ヒナ初泳ぎ

 

泳いでいる姿をパッと見ただけでは分りにくいですが、

よ~く顔を見てみると、フンボルトペンギンらしい模様が無く、くちばしも細いので

見分けがつくと思います。

すいすいと泳いでいました

 ちなみに大人はこんな模様です ↓

大人のフンボルトペンギン

 

フンボルトペンギンのヒナ誕生!!

2015年01月18日

2014年12月4日にフンボルトペンギンのヒナが誕生しました。

ひと月が過ぎて大きくなり、ようやく安心して写真を撮ることができました。

父親は“そらまめ”(右青黄)、母親は“ちくわ”(左紺紫)です。

※カッコ内はペンギンのフリッパーにつけている個体識別用の翼帯の色を表しています。

 

孵化後1カ月の体重は約1400g。すくすく成長中です!

巣の中では…①

2月の初め頃には巣から出て来るヒナの姿をご覧いただけるかもしれません。