江戸川区自然動物園

ウコッケイの卵のふ化が始まりました!

現在、動物園のバックヤードでは孵卵器(ふらんき;親鳥の代わりに卵を温めてふ化させる

装置)でウコッケイの卵を温めています。

4月28日に入卵し、5月17日に、7つの卵で嘴打ち(はしうち;雛がかえる時に、卵の殻を内側

から突くこと)が確認されました。

ウコッケイの卵 嘴打ち

よく見ると、左下の卵にひびが入っています。

 

ウコッケイの卵

耳をすますと卵の中から「ピヨピヨ」と小さな鳴き声が聞こえてきます。

 

順調にいけば翌日にはふ化する予定です。

続報をお楽しみに!

 

 

 

 

 


2017年05月17日