公益財団法人 えどがわ環境財団

文字サイズ
menu
MENU

自然動物園SIZEN ZOO

愛鳥週間特別イベントを開催しました

 

毎年、5月10日から16日までの1週間は『愛鳥週間』です。

 

 

『愛鳥週間』とは、野生の鳥類を守ることを目的に

アメリカで始まった活動のことです。 

 

 

自然動物園では、その愛鳥週間にちなんで

見て!聞いて!知ろう!身近な鳥たち』という特別イベントを開催しました。

 

 

本来であれば、12日(土)と13日(日)の2日間行う予定でしたが、

日曜日はあいにくの天気となってしまい、今年は1日目のみの開催となりました。

 

 

今回はその内容を簡単にご紹介します。

 

 

 

まずは、パネルを見ながら『愛鳥週間』とは何なのかを学びます。

 

 

 

 

 

 

 

ベンチも用意して、青空教室のような形でイベントを行いましたが、

たくさんの方が話を聞いてくださいました。

 

 

 

 

 

 

 

次に、自然動物園がある行船公園で見られる鳥、

そして江戸川区(葛西臨海公園)で見られる鳥についてお話をしました。

 

  

 

  

 

 

葛西臨海公園で観察されたことがある鳥の種類は252種類。

 

 

これは日本全国で観察されたことがある鳥(620種類)の3分の1以上の数です!

 

 

臨海公園には海、干潟、砂浜、草原、樹林など

多様な環境がそろっているため、たくさんの鳥たちがやってくるようです。

 

 

これだけの鳥がやってくる場所が

こんなに身近にあったことに皆さん驚いていました。

 

 

 

続いて、鳥の鳴き声が収録されている機械を使って、

鳴き声当てクイズを行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さん元気に手をあげてくれています。

 

 

 

鳥の名前は知っていても、鳴き声は知らない方が多かったようで

「へぇ~!」という顔をしている方がたくさんいらっしゃいました。

 

 

 

  

最後に、鳥のヒナを拾わないで!というお話をしました。

 

 

 

 

 

 

 

巣立ちしたばかりのヒナはうまく飛べないことも多く、

地面に落ちていることがたまにあります。

 

  

それを見て「かわいそう!」と思う気持ちはとてもうれしいのですが、

実はヒナの近くで親鳥が見守ってくれています。

  

 

それなのにヒナを拾って、持って帰ったりしてしまうと、

親鳥からするとそれは誘拐と同じことになってしまうのです。

 

 

もしヒナが地面にいるところを見つけても、

拾ったりせずに、そっとしておいていただければと思います。

 

 

  

 

 

 

ヒナを見つけたらどうすればいいかが書いてある

ハンドブックもお配りしました。

 

 

 

  

 

2日目は双眼鏡を使ってバードウォッチングを予定していたのですが、

残念ながらそれはまた来年…。

 

 

 

 

 

愛鳥週間は5月16日までとなっていますが、ぜひそのあとも

野鳥たちのことを考えていただけたら、とても嬉しいです。

 

 

 

 

 

(R)

 

 

 

 

 

2018年05月15日

より良いサイトへと改善するためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は皆様のお役に立ちましたか?(必須)

このページに対するご意見・ご要望がありましたらご記入ください。(任意)
なお、ご意見お問い合わせへの返信は行っておりませんのでご了承ください。