公益財団法人 えどがわ環境財団

文字サイズ
menu
MENU

水とみどり・花の情報WATER,GREEN and FLOWER INFORMATION

2018年06月の花見ごろ情報

アメリカデイゴの真紅の花が咲く季節です。

アメリカデイゴの可憐な真紅の花が咲く季節になりました。

 

小松川境川親水公園と東小松川公園が一体化する植樹帯に、アメリカデイゴ(4本)の赤い花が咲いています。

 

 

夏空に、燃えるような真紅の花が連なって咲く様は、エキゾチックでもあります。

南米原産で明治時代中頃に日本に持ち込まれましたが、関東以南なら地植えで育ちます。

 

 

清砂大橋通りの江戸川区球場前の中央分離帯には、アメリカデイゴの立派な街路樹が7本植えられ、深紅の花が咲いています。

 

 

暖かい地方に育つことから九州に多く、鹿児島県の県木でもあり、原産国のアルゼンチンやウルグアイの国花です。

 

 

豆の花に似ていることから、海紅豆(カイコウズ)とも呼ばれ、花言葉は「夢」「活力」「童心」です。夏の間咲いていますので、見つけたらじっくりと観察してください。


2018年06月13日

旧中川のアジサイが見頃です。

旧中川はカワズザクラ(河津桜)で有名ですが、アジサイ(紫陽花)も見事です。見頃を迎えましたので、ぜひご覧ください。

 

旧中川は、江戸川区と江東区の境です。上の写真の右が江戸川区、左が江東区ですが両区ともJR総武線鉄橋とふれあい橋間200mの河川敷にアジサイが植えられ、初夏の散策路が艶やかに彩られています。

 

 

最初にアジサイが植えられたのは江東区側で、平成24年度から植えられ25年度からは本格的に整備され、現在5種2,000株が美しい花を咲かせています。

セイヨウアジサイは満開、ガクアジサイは七分咲きくらいでしょうか。

 

 

こちらは江戸川区側で、白いアナベルが美しく咲き誇っています。

江東区側のアジサイの景観に統一性を持たし、魅力ある新たな水辺景観を創出しようと、平成30年1月にアジサイ1,509株を植え、3月には地元の皆様がボランティアで165株を植えました。既存のアジサイと合わせて6種1,800株が咲いています。

 

 

上の写真は、江東区側から見た両岸に架かる「ふれあい橋」です。1994年に両区の交流が深まることを願って作られた「人道橋」です。これからは、人と共にアジサイの「ふれあい」も始まりますね。

 

 

ワンチャンも仲良くポーズです。

 

 

こちらは、旧中川名物のコサギです。川の小魚を狙っているのでしょうか。


2018年06月08日

小岩菖蒲園の花菖蒲が満開です

 小岩菖蒲園の(北小岩4丁目先江戸川河川敷)の、花菖蒲(ハナショウブ)が満開です。

 

 

 

 

 

 ※ブラウザなどの環境や容量の大きさによって、動画を閲覧出来ない場合があります。

 ※ダウンロード後に閲覧できる場合もあります。

 

 

開花状況についてはコチラもご覧ください。

 

また、6月2日(土)から17日(日)まで第37回小岩菖蒲園まつりが開催されます。

 

6月3日(日)と10日(日)は、えどがわ環境財団も出展し、花菖蒲や多肉植物の販売をおこないます。

 

6月3日の様子

 

 花菖蒲の販売とパネル展示での紹介

 

 

 

 江戸扇子や多肉植物の販売も行いました。

 毎年楽しみにしてくださる方も多く、ご好評いただきました。

 

 

 10日も出展予定です。(天候等により出展を中止する場合があります)

 

 ご家族・ご友人と遊びにいかれませんか。お待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2018年06月03日

より良いサイトへと改善するためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は皆様のお役に立ちましたか?(必須)

このページに対するご意見・ご要望がありましたらご記入ください。(任意)
なお、ご意見お問い合わせへの返信は行っておりませんのでご了承ください。