公益財団法人 えどがわ環境財団

文字サイズ
menu
MENU

水とみどり・花の情報WATER,GREEN and FLOWER INFORMATION

2020年01月の花見ごろ情報

左近川のアオサギ

1月15日(水)撮影

 

偶然通りかかった左近川親水緑道に白い大きな鳥がいる。車を止め、カメラを構える。

大きさから多分ダイサギだろう。奥にも一羽、灰色の羽毛はアオサギ?

 

 

 

 いつもは水位がありヨシが生い茂っている左近川が田んぼのようになっている。

ヨシを刈るために水位を下げたのでしょうか。

 

 

白いサギにはコサギ・チュウサギ・ダイサギの3種がいますが、身長が90㎝位あるのと、嘴が黄色く長いことからダイサギで間違いないと思います。

昔の江戸川区には田んぼがたくさんあり、コサギがたくさんいましたが、「ダイサギ」は初めて見ました。

 

 

コチラは「アオサギ」です。新川や旧中川でも見かけますので分かります。

幸せの青い鳥は幸運を呼ぶと云われています。

羽毛はグレーですが漢字で「蒼鷺」と書きます。

蒼はくすんだ青色の意味もあります。

 

 

 

 近くでカルガモのペアが、エサを探していました。。

 

 

 

少し上流に行くと、アオサギがもう一羽いました。体が小いので雌か若鳥です。

左近川でアオサギを二羽見られるとは、幸運でした。

 

やはり、幸せを呼ぶ青い鳥のようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2020年01月17日

旧中川の渡り鳥

1月10日(金)撮影

 

年が明け少し寒い日ですが青空が広がったので旧中川に来てみました。

渡り鳥を探しましたが、新川と同じような冬鳥がいました。

河津桜が開花するまでは、ぜひ冬鳥を楽しんでください。

 

 

 

 空も川面もどこまでも青く、散策には最高の日和です。

 

 

頭部が赤いホシハジロがいました。この小さな体でシベリアあたりから飛んできます。暖かい日差しの下でくつろいでください。

 

 

ユリカモメが杭の上に並び、翼を休めています。江東区側ですので少し遠いですね。

 

 

 上流から船がやってきます。

 

 

 

東京都河川管理事務所の船でした。川の点検を兼ねて水面雄清掃もしています。

寒い中をお疲れ様です。

 

 

 

キンクロハジロの眼は本当に金色に見えます。冬毛ですね。

 

 

 

 JR総武線鉄橋から100m南は河津桜(カワヅザクラ)の人気スポットです。

下の写真は今日の蕾です。未だ小さいですが赤い蕾が少し膨らみ始めたのがわかります。

今年は暖冬のようです。

今月下旬に一番花が開くかもしれません。

 

 

 

 こちらは平成最後の河津桜です。令和の桜も楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 


2020年01月10日

より良いサイトへと改善するためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は皆様のお役に立ちましたか?(必須)

このページに対するご意見・ご要望がありましたらご記入ください。(任意)
なお、ご意見お問い合わせへの返信は行っておりませんのでご了承ください。