公益財団法人 えどがわ環境財団

文字サイズ
menu
MENU

水とみどり・花の情報WATER,GREEN and FLOWER INFORMATION

2019年04月の花見ごろ情報

新川千本桜、八重桜が咲きそろいました

4月16日(火)

新川千本桜

 

ソメイヨシノが葉桜になりつつある新川千本桜ですが、八重桜が美しい花を咲かせています。

 

 忍者橋と新渡し橋の間左岸に、一葉(いちよう)が開花しています。

 

一葉はもともと荒川堤に植えらていた桜で、1~2本の雌しべが葉のように見えるのが名前の由来です。

 

淡い紅色が美しく、八重咲の桜では、寿命が長いほうです。

 

 

一葉の東に楊貴妃(ようきひ)が花を咲かせています。

 

中国の歴史小説「項羽と劉邦」で項羽の愛妾、虞美人草とも呼ばれた絶世の美女、楊貴妃から名づけられた通りの美しい花です。

 

絶世の花をお楽しみください。

 

一葉の西には「松月」が綿のような美しい花を咲かせています。一葉と同じく荒川堤から広がった品種です。

 

花の外側が薄い紅色になり、中心が白くなる八重の桜のため、樹全体が濃い色、薄い色で彩られ、非常に美しい桜です。

 

週末まで美しい姿を見せてくれます。

 

環七通り新川大橋の下、新川の花見橋右岸では、八重桜の代表的品種である「関山(カンザン)」が開花しました。

 

 珈琲色の葉と一緒に咲く濃いピンクの色からか、外国でも人気があります。

 

街路樹や公園なども良く使われる品種です。

 

花見橋から50mほど上流の宝橋左岸では、普賢像がにぎやかに開花しました。

 

八重桜としては古く、室町時代から知られる桜です。

 

 葉のような2本の雌しべの形が葺賢菩薩の乗る白い像にに似ていることから、この名が付きました。

御衣黄の登場です。櫓橋の少し上流右岸に黄色い花をつけています。

 

御衣黄は開花の時期がやや遅く、個体によって花の色や大きさにばらつきがあります。

 

 少し薄い黄緑でしょうか。

下流50mほどにもう少し濃い緑の御衣黄があります。

 

櫓橋左岸(北葛西側)の天の川です。右岸にも同じ天の川が並んでいますが、北側の開花は4~5日くらい遅れます。ソメイヨシノもそうでしたが、川風の為と思われます。

それだけ長く楽しめる、ということでしょうか・

 

天の川は、枝が広がらずの生育することから街路樹にも使われ、外国にも人気があります。

 

大きな花は上向きに咲き、良い香りがします。

 

新川の八重桜、いかがでしょうか?

2月中旬に咲き始めた「河津桜」から約2か月私たちを楽しませてくれた「新川千本桜」を来年も楽しみにお待ちください。

八重桜ももう少し楽しんでください。


2019年04月17日

なぎさ公園のツツジ開花情報(3)

江戸川区の新名所「つつじ山」があるなぎさ公園南葛西7-3-1、総合レクリエーション公園内)では、都内最大級の55品種約1万株のツツジが咲き誇ります。

 

なぎさ公園のツツジの開花情報を今後もお届けします。

 

江戸川区のホームページでも開花情報を掲載しています。→コチラ

ぜひご覧ください。

 

 

4月16日(火)

 

           展望の丘(北東側)

 

 

           展望の丘(西側)

 

 

過去の投稿→「4月10日」「4月15日


2019年04月16日

なぎさ公園のツツジ開花情報(2)

江戸川区の新名所「つつじ山」があるなぎさ公園南葛西7-3-1、総合レクリエーション公園内)では、都内最大級の55品種約1万株のツツジが咲き誇ります。

 

なぎさ公園のツツジの開花情報を今後もお届けします。

 

江戸川区のホームページでも開花情報を掲載しています。→コチラ

ぜひご覧ください。

 

 

4月15日(月)

 

           展望の丘(北東側)

 

過去の投稿→「4月10日


2019年04月15日

雷公園、新川千本桜で御衣黄が咲き始めました

4月12日(金)

雷公園と新川千本桜の御衣黄(ぎょいこう)桜が開花したとの連絡があり、曇り空ながら行ってきました。

 

雷(いかづち)公園

例年、 ソメイヨシノが葉桜になる頃に御衣黄が開花します。

今年はソメイヨシノが開花してから寒い日が続き、なんと2週回以上咲き続けています。ソメイヨシノと御衣黄が一緒に花見ができることになりました。

 

黄緑の花が咲く桜として人気のある御衣黄ですが、ここ数年雷公園の御衣黄は花数が少なく元気がありません。

 

この日も樹勢回復のために、樹木医と呼ばれる植物のお医者さんが、御衣黄を診察していました。早く元気になってください。

 

新川千本桜

新川千本桜には御衣黄が3本植えられています。

宇喜田橋と西水門広場の右岸(船堀川)です。探してみてください。

 

コチラはまだ若い御衣黄で元気に花をつけています。

 

 

 

 

4月20日頃までは咲いていると思います。

緑色のサクラをぜひご覧になってください。

 

都営地下鉄新宿線「船堀駅」より徒歩10分


2019年04月12日

なぎさ公園のツツジ開花情報(1)

江戸川区の新名所「つつじ山」があるなぎさ公園南葛西7-3-1、総合レクリエーション公園内)では、都内最大級の55品種約1万株のツツジが咲き誇ります。

 

なぎさ公園のツツジの開花情報を今後もお届けします。

 

江戸川区のホームページでも開花情報を掲載しています。→コチラ

ぜひご覧ください。

 

 

4月10日(水)

 

ツツジの一部が咲き始めました。

 

 

      つつじ山(正面)          つつじ山(北側斜面)

 

 

 

     つつじ山(東側斜面)          つつじ山(南側斜面)

 

 

 

              パノラマシャトル通路 

 

 

   パノラマシャトル通路(南側)

 

 


2019年04月10日

行船公園のサクラが満開

4月5日(金)

行船公園

 

 自然動物園の西側のソメイヨシノが満開です。

週末は桜吹雪の中でのお花見になりそうです。

 

 平成庭園の枝垂れ桜も開花しています。こちらは静かにご鑑賞ください。

 

ほぼ満開でしょうか

 

池の周囲もすっかり春になりました

 

 


2019年04月05日

新川千本桜、春爛漫

4月2日(火)

新川千本桜

 

新川に春が来ました。

西水門広場の火の見櫓を取り巻く桜たちが開花しています。ここではオオシマザクラ、ジュウガツザクラ、ソメイヨシノ、エドヒガンが見られます。

 

ソメイヨシノが7分咲きですが、ここではほぼ満開です。右下の水面に浮かぶのは水鳥です。

 

 望遠レンズで覗くとキンクロハジロでした。4月中は新川で過ごしますが、初夏には北の国に帰る渡り鳥です。

 

3月31日(日)は新川千本桜まつりが開催され、お花見和船が運航しました。

サクラはまだまだ楽しめます。

 

陽気も暖かくなりましたので、ぜひお出かけください。

 


2019年04月02日

源平ハナモモが満開です(東井堀親水緑道)

4月1日(月)

東井堀親水緑道

 

 

東井堀親水緑道の下流部で源平ハナモモ(花桃)が満開になり、行き交う人々の目を楽しませています。 

 

源平咲きの由来は赤の源氏と白の平氏の合戦からで、1本の植物から花が紅白に咲きわかれることを言います。

 

見事に咲き分けた紅白のハナモモは、1週間ほど楽しめます。

陽気も暖かくなりもしたのでお出かけください。

 

京成バス「上鎌田」下車


2019年04月01日

篠田堀親水緑道の桜が見頃です

4月1日(月)

篠田堀親水緑道

 

篠田堀のサクラが7~8分咲きとなり見頃を迎えました。

街路樹や公園のサクラと対になり、美しいサクラ並木を形成しています。

 

篠田堀のサクラは古木が多く、親水緑道になる前から植えられていました。古木の多くは戦後間もなく植えられてもので、樹齢70年近いソメイヨシノも見られます。

 

このソメイヨシノも70年はありそうです。いつまでも咲き続けてほしいものです。

 

まだ蕾がありますので、4月8日・9日の小中学校の入学式まで咲いてくれるでしょう。

 

陽気も暖かくなりましたので、ぜひお出かけください。

 

京成バス「上鎌田」「王子マテリアル」下車


2019年04月01日

より良いサイトへと改善するためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は皆様のお役に立ちましたか?(必須)

このページに対するご意見・ご要望がありましたらご記入ください。(任意)
なお、ご意見お問い合わせへの返信は行っておりませんのでご了承ください。