公益財団法人 えどがわ環境財団

文字サイズ
menu
MENU

自然動物園SIZEN ZOO

2011年03月の自然動物園ぶろぐ

ワラビー展示場のミモザの木が!

26日朝一番で展示場に出た時は、いつもと変わらない風景だったのですが・・・30分後、朝のミーティングが終わって再び展示場へ出る扉を開けると、なんと!
立派なミモザ(フサアカシア)の木が根元から倒れていました!ちょうど、黄色い花も満開でとてもきれいだったのに・・・。
春の若葉はワラビーの大好物。夏には展示場に日陰をつくってくれ、秋には実がたくさん落ちてきて掃除も大変でしたが、ワラビーたちも食べたりしていたので、1年を通して様々な恵をくれた大切な木でした。
このミモザの木は、根腐れを起こしていて高く大きくそびえた上に、花が咲き誇ってさらに重くなりそして強風が・・・
長年、ワラビーたちを見つめてくれていただけに残念でなりません。ミモザの木にお疲れさまでしたという感じです。


2011年03月26日

これは何でしょう?

これは何かわかりますか?

 

卵嚢

たまご

 

正解はヒキガエルの卵嚢(らんのう)です。1回で10m以上もの卵嚢を産むメスもいます。このゼリー状の中(卵嚢)に一個一個卵が入っていて、卵の数は1500~10000以上になるそうです。
写真の卵嚢は動物園横の水生池にありました。
池の中を見るとヒキガエルと卵嚢が沢山…オスはメスにがっしりとしがみついてなかなか離れません。



今の時期はヒキガエルにとって「繁殖」のため大切な時期なので優しく見守ってあげて下さい。

 

ヒキガエルの卵嚢を見て「そろそろ春が来るなぁ…」と思う今日この頃でした。


2011年03月03日

より良いサイトへと改善するためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は皆様のお役に立ちましたか?(必須)

このページに対するご意見・ご要望がありましたらご記入ください。(任意)
なお、ご意見お問い合わせへの返信は行っておりませんのでご了承ください。