公益財団法人 えどがわ環境財団

文字サイズ
menu
MENU

自然動物園SIZEN ZOO

2019年12月の自然動物園ぶろぐ

11月の飼育係のおはなしをご紹介②

 

自然動物園では毎週土・日・祝休日に『飼育係のおはなし』を行っています。

 

 

11月に行われたおはなしの内容はどんなものだったのか、少しだけご紹介するぶろぐの後編です。

 

 

 

 

 

 

リスザルのおはなしでは、リスザルが食べているエサについてご紹介しました。

 

 

 

 

 

 

サルが大好きなものといえば、やっぱりバナナ。

 

 

しかしリスザルたちはフルーツだけではなくて実は虫なども食べているのをご存知でしたか?

 

 

自然動物園ではバナナやイナゴ(!)など、合わせて10種類くらいのエサを与えています。

 

 

 

 

 

 

イナゴをオリ越しに与えるとこの通り。

 

 

人気者になった気分を味わえます!

 

 

 

 

 

 

 

スタッフが後ろの木と手錠でつながれているように見える奇跡の1枚。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

夏の間、避暑のためバックヤードに下がっていたシロフクロウ。

 

 

気温が下がり展示場へ帰ってきたことで11月から猛禽類のおはなしが復活!

 

 

今回はフクロウたちの羽についてご紹介しました。

 

 

 

 

 

 

手に持っているのはコウノトリの羽とシロフクロウの羽です。

 

 

(主役のシロフクロウがあさっての方向を向いているのが気になりますが…)

 

 

 

 

 

 

2つの羽の触り比べ体験は大賑わいとなりました。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、動物たちを毎日世話している飼育係の貴重な話が聞ける『飼育係のおはなし』。

 

 

2019年最後の月はどんな話が聞けるでしょうか?

 

 

今月もどうぞお楽しみに!!!

 

 

 

12月のおはなしスケジュールはこちら

 

 

 

 

(R)

 

 

 

 

 


2019年12月06日

帰ってきたブラウンケナガクモザル

皆様、大変長らくお待たせいたしました!

 

 

 

三ヶ月にわたり行われていたブラウンケナガクモザル展示場の改修

工事が無事、終了しました。

 

 

 

「ケナガクモザルいないんだって…残念!」

「ブラウンケナガクモザルが見たかったのに!」

「早くクモザルに会いたいなぁ!」という皆様の轟く叫びを耳にして

(ええ、もちろん担当者にはちゃんと聞こえていましたよ!)

 

 

帰ってきたぞ!

 

 

帰ってきたぞ!

 

 

ブラウンケナガクモザル!

 

 

 帰ってきたブラウンケナガクモザル

久しぶりの展示場。新しくなった壁画や木のレイアウトにびっくりの

クモザル達…のようになると担当者は思っていたのですが、全く気に

する様子なし!さっそく木に登ったりぶらさがったりしていました。

 

 

 

食べているのは小松菜の茎

しばらく展示場を探索した後はこのようにエサを食べる姿も見られた

ので、新しい環境でも安心できている様子。担当者としては一安心です。

それにしても豪快に食べますね。

 

 

 

小松菜をゲット 

仔ザルもちゃっかり小松菜をゲット。小松菜のような柔らかい食べ物

なら口にするようになってきたので、このような可愛らしい場面も観察

出来るかもしれません。

 

 

 

帰ってきたブラウンケナガクモザルは12月3日(火)から展示を再開して

いますので、ぜひ会いに来てください!

 

 

 

ブラウンケナガクモザルが、君にも見える!

 

 

(M)

 

 

 


2019年12月03日

より良いサイトへと改善するためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は皆様のお役に立ちましたか?(必須)

このページに対するご意見・ご要望がありましたらご記入ください。(任意)
なお、ご意見お問い合わせへの返信は行っておりませんのでご了承ください。