公益財団法人 えどがわ環境財団

文字サイズ
menu
MENU

ポニーランドPONYLAND

2018年08月のポニーランドぶろぐ

夏休みの工作:ランプシェードを作りました!!

まだまだ暑い日が続きますね。

8月4日(土)に未来館の工作室をお借りして、

篠崎ポニーランドのイベント

『ポニーのフンコロジーでランプシェードを作ってみよう!!』

を開催しました。

 

当日は18名のお子様が参加して下さいました。

 

最初に、ポニーの糞(フン)の説明やどんなものを食べているかの

話しを聞いてから、糞を混ぜて紙すきに挑戦してもらいました。

 

紙を三角錐の型に切ってもらって、飾りつけをしてもらいました。

あまり時間がなかったのですが、みんな楽しそうに、作業していました。

 

 

素敵な飾りができて、最後に一斉にランプを点灯してみました。

 

 子供たちは作品が壊れないように大事に持って帰りました!!

今年の暑い夏が少しでも涼しくなりますように…。

 


2018年08月15日

仲良し??

 ヤギのうめちゃんと仲良くなりたいりっぷ君。うめちゃんの背中を鼻先で掻いてあげて、気を引こうと頑張ります。ようやくこっちを向いてくれました。

 

「こんにちは!うめちゃん!」

うめ&りっぷ

 うめ&りっぷ

 

 挨拶したのも束の間、いきなり距離を詰めすぎてしまったようで…頭突きをされてしまいました。それでも全くめげないりっぷ君。この後もグイグイうめちゃんに近づいていましたよ。

 

 仲良くできる日はもうちょっと先かもしれませんね。

 


2018年08月12日

すくすく日記!

 みなさんこんにちは!

 以前、身体測定①を掲載させていただきましたが、お気づきになりましたか?

 ぷらむちゃんの体重は書いてありましたが、すももちゃんの体重は書いてありませんでしたね。

 

              

 

   競走馬は馬用の大きな体重計で体重を測ることができますが、ポニーランドにはありませんので、体格などを見ておおよその体重を出します。

   ですので、すももちゃんの体重は約270㎏です。

 

 では、ぷらむちゃんはどのように測っているでしょうか!

 

 答えは……

 

                                   

 

 持ち上げて、一緒に体重計にのる!!でした。

 自分1人でのることができないので、スタッフに抱っこしてもらうのです。

 仔馬は日々きちんと成長しているか確認が必要なので確実な数字をだします。

  

 「なんだ~」と意外と普通の答えに拍子抜けしたそこのみなさん!実はこれはすごいことなのです!

  

 少しでもバタついてしまうとお互い危険になってしまいますが、ぷらむちゃんは生後すぐにこの体重測定を毎日行うことで抱っこされる時もスタッフに身を任せ大人しく持ち上げられてます。

 

 そして、なにより力持ちのスタッフがいることです!

 生後2.3日の30㎏程度でしたら女性スタッフも持ち上げられたのですが、すぐにギブアップ……。

 

        

 

 ⇧辛そうな顔になってきましたねー

 

 男性スタッフも徐々に持ち上げられなくなり、残るはただ一人!!

 こちらのスタッフはまだ余裕そうですね。

 

                            

 

 現在、生後7週で57㎏!!

 だいぶ持ち上げるのが辛くなってきましたが、さあ、ぷらむちゃんの体重はいったい何㎏まで計ることができるでしょうか!

 

 ぷらむちゃんのすくすく日記は日々のぷらむちゃんの成長や様子を掲載させていただいています。

 まだまだ、甘えん坊の赤ちゃんですが毎日変化しています。

 体調や天候にもよりますが、放牧時間も長くできるようになってきていますので、ぜひ、会いにきてあげてください。

 

 放牧時間等のお問い合わせはなぎさポニーランドまでお願いします。 

 


2018年08月10日

なぎさ公園生物図鑑①

とても暑い日が続いていますね。

 

皆さんも熱中症などには十分気を付けてくださいね。

 

さて、なぎさポニーランドにはポニーとヤギがいますが、

実はポニーランドがある公園の中では、その他にもたくさんの

生物を見ることができます。

 

今日ご紹介するのは、夏といえばの昆虫セミです。

まずはアブラゼミをご紹介します!

 

 

 

 

 

黒っぽい体に褐色の翅(はね)を持っているのが特徴的ですね。

おそらく皆さんが一番よく目にするセミだと思います。

 

 

皆さんはそもそも何故アブラゼミという名前になっているのかご存知ですか?

アブラゼミは「ジジジジジ…」「ジリジリジリ…」

というような音を出して鳴いています。

 

これが油を熱した時のはねる音に似ているため、アブラゼミという

名前が付いたと言われているそうです。

 

 

次にご紹介するのはミンミンゼミです。

 

 

アブラゼミに比べて体は小さく、透明な翅を持っています。

鳴き声は名前の通り「ミーンミンミン」と大きな音を出します。

鳴き声を比較するのもセミを探すときの面白さの一つかもしれませんね。

 

セミの幼虫は土の中で4~6年ほどすごしてから

殻を破り成虫へと羽化していきます。

 

羽化は夕方以降の暗い時間帯にするので、

なかなか見る機会がないかもしれませんね。

 

今回発見できたセミはこの2種類ですが、もしかしたら他のセミも

いるかもしれません。

 

夏も後半にさしかかり、セミの時期もだんだん終わりに近づいていますが、

なぎさ公園ではまだまだたくさんのセミたちが鳴いています!

なぎさポニーランドにお越しの際は、是非ポニーとヤギ以外の生物も

探してみてください!

 

 

 


2018年08月08日

夏休みの工作:風鈴できました。

毎日暑い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。

 

7月28日に篠崎ポニーランドで、風鈴作りを行いました。

台風の接近というあいにくのお天気の中、17名の方が参加をしてくださいました。

 (送り迎えの保護者の方、ありがとうございました。)

おもな材料主材料  完成品完成作品

 

「蹄鉄(ていてつ)」「蹄釘(ていちょう)」そして「植木鉢」を

使用した風鈴作りです。  植木鉢…?どんな音がするのでしょう。 

 

学習机に飾ってくれた参加者は、

「風が吹くと、とてもいい音がしてる♪」と教えてくれました!!

 

 心地よい風と音色が皆さまの暑気も払ってくれますように…。

 

8月10日(金)は「装蹄師のおはなし」…装蹄の見学とお話が聞けます。

暑い時間帯ではありますが、

   「蹄鉄って?蹄釘ってなに?」興味を持たれた方、ぜひお待ちしています。

  

https://www.edogawa-kankyozaidan.jp/pony/event/391/

 

 

 


2018年08月05日

ヤギさんの放牧場ができました!

 ポニー乗り場の左側(ふれあいコーナーの向かい側)に、新しくヤギさんの放牧場を作りました。夏場は草がたくさん生える場所なので、うめちゃん&ふじちゃんは大喜び。モリモリ草を食べていました。

 

 ふれあいコーナーにいない時は、こちらの放牧場にて放牧していることがあります。

ヤギはどんな風に草をたべるのか?観察してみるのも面白いと思います。


2018年08月05日

より良いサイトへと改善するためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は皆様のお役に立ちましたか?(必須)

このページに対するご意見・ご要望がありましたらご記入ください。(任意)
なお、ご意見お問い合わせへの返信は行っておりませんのでご了承ください。